漢方薬局「春爛満」 自律神経の乱れ・測定

自律神経の乱れ・測定

・最近、寝ても疲れがとれない
・理由なく不安になる
・睡眠の質が悪くて嫌な夢ばかりみてしまう
・イライラしてしまう
・めまいや逆上せ、耳鳴りなど医療機関で詳しく検査をしても異常は見つからなかった

一度、自律神経のバランスと働き具合をみてみませんか?

自律神経が乱れると
え?自律神経って測定が出来るんだ?

そう思われる方も多いと思います。
漢方薬局春爛満では、ご要望があれば自律神経を測定しております。
(測定は2分30秒程で費用は無料です)

測定でわかる事

◯ 交感神経と副交感神経のバランス
◯ 肉体的疲労度
◯ 精神的ストレス
◯ ストレス抵抗力
◯ 測定より眠りの深さ
  などを知る指標にはなります。


測定、解析も女性スタッフがご希望でしたらお申し付け下さいませ。

このような方に
・なかなか眠れない ・疲れがとれない ・体温が低い ・よく風邪や膀胱炎になる
・イライラしやすい ・心が元気にならない ・めまい、頭痛 ・冷え症で悩まれている
・生理不順 ・動悸がする ・アレルギー体質 ・肩こり、腰痛 ・マイナス思考が気になる
・パニック障害
漢方専門家心理カウンセラー

満先生の独り言 自律神経について

めまいや原因不明の頭痛、眠れない、夜になると不安になる、緊張するとお腹の具合が悪くなってしまう。悩みの元を知りたくて医療機関で検査をしてもどこも悪くなく、「心因的な事が原因」と診察され、解決方法への道が閉ざされた方がとても多く感じます。現代社会では人間関係をはじめ様々なストレスが私達の周りを取り巻きます。
その為に自律神経のバランスが崩れたり、働き具合が鈍ったりします。

その結果、眠れない、疲れがとれない、イライラする、不安になる、気持ちが落ち着かない、パニック障害が現れる、めまい、肩凝り、生理不順、それに伴い不妊症になるなど、ドミノ倒しのように様々な症状へと変化致します。
自律神経の乱れはストレス以外に、その方の性格にもよります。
完璧主義の方、神経質な方、落ち込みやすい方、気持ちの切り替えが苦手な方、それとその方が育ってきた環境 (両親との関わり方 )も大きいと思います。

薬剤師と心理カウンセラーの観点より体質を詳しくお聞きし、最適な漢方薬を併用しながら心理カウンセリングも行い、日頃から感じる認知の歪みを修正します。

認知の歪みとは、例えばある仕事の納期まで残り7日間とします。この7日間を「たった7日間しかない」と捉えるか、「まだ7日間ある」と捉えるかは人によって異なります。前者の場合は、焦燥感やイライラにつながり、人によってはかえって集中力の低下を招き、自律神経失調症を悪化させてしまいます。つまり、認知のゆがみを改善することによって、病気の症状を緩和するばかりでなく、仕事や勉強の能率も向上できる可能性があります。

ご相談はこちら→

 

自立測定しませんか?

 

ご相談の流れ・その他質問

 

満先生のフェイスブックへ

満先生のフェイスブックも見てくださいね。

 

交通アクセス

 

 

お伝えしたいこと様々

子宝相談  漢方スチーム  皮膚病相談  自律神経測定  犬猫漢方相談  ご相談の流れ
お店概要  交通アクセス  プライバシーポリシー・免責事項  サイトマップ  ホーム